家族葬とは一体どういったものなのか

家族葬の流れと注意点

家族葬で故人を見送る前に、家族葬はいったいどういった流れで行われるのかを知っておく事も重要です。通常の形式の葬儀とは違っていますから、同じだろうと葬儀の流れを把握しておかないと参加した時に思わぬトラブルの原因となってしまいます。そして家族葬を行う時の注意点もまた、知らないままではトラブルの原因になってしまい、故人をスムーズに見送る事ができなくなってしまう可能性もあります。故人の見送りの際にトラブルばかりでスムーズに行えなくては、故人に申し訳が立ちませんから、そういった事のないよう一連の流れや葬儀を行う際の注意点をしっかりと知って理解しておきましょう。

基本的な家族葬の流れは通常の葬儀と同じで、ご家族が亡くなられた後に葬儀会社へ連絡をし、その後は故人のご遺体を斎場か自宅に安置します。この際に通夜や告別式の日程を決めるので、ある程度都合の良い日を決めておくと良いです。そして決められた日時になると通夜と告別式、火葬が行われます。通夜や告別式では参加する人は通常形式の葬儀と比べて少ないですから、そこまで細かく段取りを決めたり準備をするという事はありません。しかし一般的な葬儀と同じ形式で行われる儀式も多いため、招待など基本的な手続きなどはきちんと行えるように準備しておく必要があるでしょう。

家族葬を行う時の注意点としては、まず最初にきちんと周囲が納得しているかどうかを把握しておきます。故人が望んだとしても、遺族が一般的な葬儀を行いたいと考えている場合、できるだけ周囲の親族にも納得して貰えるようにしておく事がおすすめです。また家族葬に参列する人以外の方に対して、訃報を届けるだけで家族葬を行うという旨の連絡をしておく必要があります。そして香典や弔電、供花を辞退する時にも訃報を届けた際に家族葬であるためご香典は辞退させていただきますという旨の連絡をしておきましょう。

スムーズに故人を見送るためにも、家族葬がどういった流れで行われるのか、そして葬儀を行う際の注意点は何なのかを知っておく事はとても重要です。通常の葬儀と同じ部分もあれば、まったく違う部分も多々ありますので、それぞれの違いや訃報を届ける人たちの確認など、段取りと準備についても確認しておく事がおすすめです。