家族葬とは一体どういったものなのか

家族葬のメリットとデメリット

家族葬のメリットとデメリットを把握しておくと、実際に葬儀を行う事になった時にどの形式の葬儀を行うかを選びやすくなります。メリットはもちろんですが、デメリットも把握しておかないと選択したあとで後悔してしまう事にもなりかねませんから、きちんと両方の情報を把握しておく必要があります。故人の最期となる葬儀ですから、行った後で後悔してしまわないためにも、家族葬を選んでよかったと思えるようメリット・デメリットについて把握しておきましょう。

家族葬のメリットは、やはり身近な人達だけで行う形式の葬儀ですから堅苦しい雰囲気ではなく、リラックスした雰囲気で行えるという点がまず挙げられます。あまり堅苦しい雰囲気の中で見送られたくないと考える方も多いですから、身内だけで行える形式のこの葬儀だからこそという面は大きいでしょう。また、形式にこだわらない葬儀にできるという点も大きなメリットです。しんみりとした雰囲気ではなく、全員が明るい雰囲気で見送られたいという方もいますから、そういった方の要望を可能な限り叶えたいという場合は家族葬の方が重宝します。故人の希望をできるだけ叶えた葬儀にしたいという場合は、こちらの形式の葬儀を選んだ方が良いでしょう。

一方で、どこまでの人を身近な人として葬儀に招待するかで迷いやすく、それが原因でトラブルになる可能性があるというのが家族葬のデメリットのひとつです。あまり広い範囲の人を呼ばない事が家族葬の特徴ですが、例えば親類などであまり付き合いが無いからと招待しなかった人が、葬儀の後に知らされていなかったと抗議してくる場合もあります。そして家族だけで行うという形式に対して忌避感を持っている人も少なくありませんから、こちらの形式の葬儀をした事で周囲の人からあれこれ非難されてしまう可能性もあるので注意する必要があります。

家族葬にはこれらのメリットやデメリットがあり、これらの事を知った上でこの形式の葬儀を選ぶかどうかを考えましょう。故人の希望を叶えやすい反面、周囲とのトラブルが起きる可能性もあるといった部分を把握し、葬儀をどういった形式で行うかを考えるようにすると、故人にとってだけでなく自分たちも納得して故人を見送る事ができる葬儀になるでしょう。