家族葬とは一体どういったものなのか

家族葬の費用の目安は?

家族葬を行う際には、当然ですが必要がかかります。この費用がどのくらいなのか、そして費用を抑えたいという時にはどうすればいいのかを知っておくと突然の葬儀があった場合にも重宝するでしょう。家族葬は身近な人たちだけで行うという形式の葬儀ですから、通常の葬儀よりは費用そのものは安くなっています。しかし目安として費用はいくらかかるのかを知っておかないと、葬儀を行う時にどのくらいの費用を用意すればいいのかわからず、スムーズに葬儀が行えなかったという事態になってしまいます。故人をきちんと見送れるように、費用の目安は特に確認しておかなくてはいけません。

家族葬で必要となる費用は葬儀会社によって違いはあるものの、60万円代から100万円以上と費用の幅は広くなっています。この費用の中には葬儀や火葬にかかる費用、参列者への飲食や返礼品の準備、お経を読んでもらう寺院に対するお布施といった費用も含まれています。一般的な葬儀ではおおよそ200万円前後が費用の平均とされていますから、そちらと比べると大きく費用を抑える事が可能です。これは一般的な葬儀と比べて参列者が少ないため、返礼品や飲食代がそこまで必要ないという点が理由となっています。これ以上に安い葬儀となると、火葬のみを行う直葬で、こちらはおおよそ20万円ほどが平均とされています。

そして、何らかの理由であまり費用が準備できないため、なるべく家族葬の費用を抑えたいという場合は、まず参列者の人数を少なくするようにしましょう。例えば故人が生前にとても親しかった人だけを招く、家族と親類だけで行うといったように、人数を抑える事で飲食代や返礼品にかかる費用を少なくできますから、最終的に費用が安くなります。また個人が国民健康保険や後期高齢者保険に加入していた場合、亡くなってから2年以内に市役所などに申請する事で、喪主に対して給付金が支払われるようになっています。この給付金制度を利用する事で、自分が支払う事になる費用を抑える事が可能となります。

家族葬は一般的な葬儀に比べて、費用の目安が安いため突然の葬儀であっても費用を用意しやすくなっています。ただ、どうしてもさらに費用を抑えたいという場合は参列者を少なくしたり、給付金制度を利用するなどしてみましょう。