本文へスキップ

家族葬とは一体どういったものなのか

住宅・マンション・土地のご相談はビルダー不動産へ

家族葬とは一体どういったものなのか

家族葬は、葬儀に参加する人を親しい人たちだけに限定して行われる葬儀です。基本的には親族や友人といったごくごく身近な人だけで行われる葬儀で、近所に住んでいる方や仕事上の関係という方は呼ばれません。家族葬の大きな特徴としては、訪れる人数が限定されるため多くても20人程度の規模で行われる場合が非常に多いという点が挙げられます。この家族葬を行う家庭は増えてきており、近年では通常の葬儀と同じくらいスタンダードな葬儀となってきました。決して身内だけで行う葬儀だからマイナーな葬儀ということではなく、自身の最期に行うものとしてひとつの選択肢に考えている方も増えてきています。この家族葬は密葬や直葬と同じに考えられてしまいがちですが、そこには大きな違いがあります。

直葬は火葬だけを済ませる形式の葬儀の事で、通夜や告別式を行わずに息を引き取られた場所から直接火葬場に運ばれ、火葬されることになります。密葬は家族葬に近い形なのでイメージとして家族葬と同じもの、と考えられがちになりますが、密葬の場合は家族だけでの葬儀や火葬を終わらせた後に本葬という形で会社関係の人や知人を招いて、きちんとした葬儀が行われるケースもあります。ですから完全に家族だけで葬儀を行うのではなく、準備が必要な葬儀の前に火葬までを済ませておいて後からきちんとした葬儀を行う、という形になっています。家族葬と直葬・密葬の違いを把握していないと、どういった形式にするか選ぶ時に困ってしまいますから、きちんと知っておきましょう。

家族葬を行う時に、そのメリットやデメリットを知っておくと選択肢として考えやすくなります。どういったメリット・デメリットがあるのかをきちんと把握し、その上で葬儀の形をどうするか考えるようにしましょう。また、葬儀を行う場合にどういった流れで行う事になるのか、そして家族葬を行う際に注意しなければいけないポイントなども知らないと、せっかくの葬儀が台無しになってしまう場合もあります。葬儀は形式によってさまざまな点が違ってきますから、故人をきちんと見送る事ができるように葬儀の形式に関する正しい知識を持っていなければいけません。この葬儀の形式について知るという事は、喪主になる可能性のある方ならば必ず知っておくべき知識でもあります。

メリットやデメリット、そして費用や葬儀の流れ、そして葬儀を行う時に注意しなければいけないポイントがあります。家族葬で葬儀を行いたいという時には、特にこれらのポイントについて知っておいた方が良いでしょう。きちんとポイント抑えて知識を得ておき、いざという時になってから慌てて葬儀の手配をするのではなく、余裕を持って最期の時を迎えられるようにしましょう。

information新着情報

2018年08月08日
ホームページを更新しました。